前のページへ
▽COSMO50/COSMO75の技術的アプローチ▽
設計理念

ケーブルの75Ω/50Ωはケーブルの特性インピーダンスを示しています。
高周波の場合、コネクターを通過するときつまり、インピーダンスが異なる回路を通過するとき必ず回路内で反射が起きます。
回路内で反射が起きると、電子の流れに乱れが生じデジタル信号の場合、結果としてデータの読み取りが不能となることもあります。
そこで、可能な限り反射が起きるのを防ぐためコネクターも50Ω/75Ωの特性インピーダンスを持つように設計しなければなりません。
そこで、我が社は様々な特許技術を用いることで従来品には無い性能を実現しています。

面接点「特許取得済み」

高周波ケーブルの理想の接合方法はケーブルのままの状態であり、切り離してしまうことがまず理想からは離れてしまうわけです。
そこで、可能な限りケーブルをそのままに接合する技術がこの面接点接合方です。
上の写真にあるようにケーブルの中心線同士を直接接合させ、またプラグ及びジャックにも50Ω/75Ωの特性インピーダンスを持たせることにより、今までに類を見ない高性能コネクターを実現したのです。

内部専用チャック式構造及びコレットチャック「特許出願中」

COSMO50/75ではプラグジャック間はコレットチャックでまた、ケーブルとプラグ及びジャックの接合には内部に専用チャックを設けることにより、引っ張り強度10sという従来品以上の強度を確保しています。
この構造により、プラグ及びジャック間の接合が一般的使用では容易に外れないようになっています。

ジャック部の逆テーパー構造「特許出願中」
 
COSMO50/75のジャック先端部は逆テーパー構造となっており、普通にプラグのチャック部を締め付けるだけで、通常のコレットチャック方式にはない強い結線力を得ることができます。
(a<a´)になっています。

HOME